キャッシングを利用するには、当然定期収入やある程度の社会的地位が必要になるので、アルバイト・フリーターの方は作るのを諦めてしまっていた方もいるかも知れません。しかし、たとえアルバイトの方であっても、定期収入があって極端に他社からの借入やブラックリストなどのネガティブな情報がなければ、多くの場合スムーズに借入を行うことが可能です。

しかし、それでもアルバイトの方がキャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。それはそもそもその消費者金融がアルバイトやフリーターの方を審査対象にしていないという可能性があります。先ほどフリーターやアルバイトの方でもキャッシングが可能と言いましたが、もちろん全ての消費者金融やフリーローンではなく、銀行などの審査が厳しい借入は難しいことがあります。

しかし、大手の消費者金融などではフリーターの方も大歓迎と謳うほど、積極的にアルバイトの方などへも融資を行っているので、極端に出勤日数が少なく年収が少ないなどの例でなければ、審査で門前払いということは、心配しなくてもよいでしょう。その他にフリーターやアルバイトの方がキャッシングの審査に落ちる理由としては、勤務期間が短いということも理由になります。その企業に務めてまだ一ヶ月も経たないうちでは、継続した勤務とは認められないので、融資が厳しくなる傾向があります。そのため最低でも半年以上同じ勤務先でアルバイトの実績がなければ、審査は厳しくなるでしょう。