消費者金融の場合は、年収の1/3までしか利用することができないという、総量規制の対象となります。

信販会社やクレジット会社もこの総量規制の対象となるの対し、銀行は総量規制対象外となっています。

今後、見直される可能性はありますが、今のところ総量規制の対象外となるのは銀行系カードローンです。

上限が低く設定されている銀行もありますが、最大限度額が800万円や1000万円となっている銀行もあります。

総量規制対象外の銀行であれば、年収の1/3以上の借入ができる可能性もありますが、借りたお金というのは利息をつけて返済をする必要があります。

そのため、本当に必要な場合以外は、総量規制の範囲内での利用を考えておく方が、無理なく返済をしやすい状態となります。