スピードキャッシングの実態

急ぎの借り入れに対応してくれるキャッシングサービスの実態に迫ります!

審査について

20歳未満のキャッシングは法律上から契約困難!親権者の同意不要は違法業者かも?

多くのキャッシングローンにおいては、申し込み条件を20歳以上としており、20歳未満の方は基本的に契約ができません。親権者の同意があれば可能となっているものの、同意不要と掲げる場合は法律違反もしくは違法業者の可能性があります。

そもそも、民法では『20歳未満の未成年者は十分な責任能力が無い』と見做され、親権者もしくは法定代理人の同意がなければ有効な契約が締結できません。これは未成年者を守るものでもあり、親権者が契約を取り消すこともできるといったメリットがあります。

しかし、実際には多くの貸金業者が20歳以上としているのには、契約を取り消された場合、使用してしまった現金については返還の義務がなく、貸倒リスクの非常に高いものとなっています。これらも問題があるのにも関わらず、親の同意が不要というのは法令を守らずに貸付を行う闇金の可能性が高いため、利用は絶対に避ける必要があります。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén