スピードキャッシングの実態

急ぎの借り入れに対応してくれるキャッシングサービスの実態に迫ります!

返済について

生活環境が変化するとキャッシングは返済に苦労!

大学に通っていて、奨学金だけでは学費が足りずにお金を借りることにしました。
看護大学で年間150万円の授業料の他、教科書代や必要な参考書などにかなりの額がかかったんです。

看護用の電子辞書も買い、問題集も買い…となると実習期間はバイトができないし大変でした。
母子家庭のため母の給料だけでは賄えないということもあり、キャッシングしか選択肢がありませんでした。

スピーディーで申込みしてから即日で借りることが出来ました。
そのおかげですぐにお金が用意でき、何日も審査が通ったのか不安に思いながら過ごすこともなく助かりました。

ただやっぱり返済は大変です。30万借りたお金を5000円ずつ払っていたら利子の方が高くなり未だに返せていません。
現在は専業主婦で、年子の未就学児2人を子育てしているため返済が進まないんです。利子が高いことと、返済が遅れることを許されないことは生活環境が変わった時にものすごく苦労するものなのだと実感しました。

必ず返済できる額を借り、返済期間をしっかり考えた上で契約しないとダメです。返済期間が長ければ長いほど利子が高くなり、完済した時に借りた額の2倍の額を返済していた、なんてこともあります。
私のように急に働けない状況になった時に苦労するので、なるべく早く完済するように努力することが大事です。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén