ローンと言うとどうしても手続きが多くややこしいイメージがありますがカードローンは通常の借入とは異なった借入で身近な借入です。

通常は先に借入金額を決め、毎月返済や一括返済をするものですがカードローンは必要な分だけATMから引出し毎月決まった日に残高に応じた金額を返済していくものです。また、手元余裕資金ができた際には預け入れの感覚で直接入金もできるため通常のローンよりも手軽で簡単なものになっています。

申込に関してもwebで完結するためいつでも申込ができ、書類を揃えるなどの手間もありません。

通常の借入は口座に振り込まれ、使わなくても返済をしていくのですが、カードローンは必要なければそのまま持っているだけということもできます。使った時だけ返済があり、使わなければ返済もないのでお守りのような感覚で持っている方も多いです。

必要な時に必要な分だけ使う、カードローンの最大のメリットはそこにあります。