金融機関などからお金を借りたいと思ったときに、一般的には返済が困難となってしまった場合に備えて融資元の損失をカバーするための担保となる不動産や保証人が必要になってきます。

しかし、それほど多額ではないお金を借りたいと思っている場合にわざわざ担保を用意したり、保証人となってくれる人を探すのは非常に面倒な作業となります。

その点、消費者金融のキャッシングならばお金を借りたいと思っている人の個人的信用に対して融資をしてくれるため、面倒な手続きを省くことができお金を借りたいときにすぐに現金を受け取ることができます。

ただし、消費者金融のキャッシングのような無担保型の融資の場合、担保や保証人が必要ではない分、融資元の貸し倒れのリスクが高くなるので金利が高く設定されているので、キャッシングでお金を借りる際にはその点について理解をしておく必要があります。