カードローンというのは、無利息でも貸し手くれるところがいくつかあります。そうしたサービスが提供されているところがあるわけです。金利によって、利益を得ているところなのにどうしてそのようなことをするのか、といいますとそこから始まるからです。つまりは、自社のカードローンをとりあえず選択して欲しい、という思惑があります。

意外と人というのは適当な生き物であり、多少、条件がよいとしても今まで使っていたサービスや企業というのをそのまま使うことが多いのが行動経済学的にわかっています。ですから、最初にカードローンのカードを作ったところを本当に困った時にはそのまま使う可能性が高い、というわけです。要するにお客様になってくれるためにはとりあえずカードをまずは色々な業者の競争から抜きん出て、自分の所を選んでもらう必要があるのです。そこで無利息で貸す、というのを条件付ではありますがやっているわけです。

そこは利用者としては嵌ってはいけないところではありますが、それでも無利息で貸してくれるということ自体には違いはないです。そういった意味では非常に使い易いことであり、使う価値があります。上手くロンダリングをする、ということもできます。